代表メッセージ

Message


当社は、1950年(昭和25年)の創業に始まり、国内3社、海外1社のグループを構成するプラスチック製品の総合メーカーです。

創業当初は我が国の工業用プラスチック製品の革命期であり、トランジスタの組立などを行っていました。

その後、家電製品へのプラスチック製品の伸張とともに、金型設計から成形、塗装、印刷、組立までの一貫生産を担い、2003年(平成15年)には中〜大型液晶TVの一貫生産工場として三重工場を設立しました。

その後、家電製品や液晶TVの海外移転、国内大手家電メーカー様の経営主体の変更などを経て、今では自動車部品、産業資材、アミューズメントなどあらゆる分野でのプラスチック製品を長年の経験と技術力を元に一貫生産しております。

当社は常に、チャレンジ精神を持ち、お客様の信頼と技術力というキーワードを大切に、永続的かつ健全な未来に向け着実に進んで参りたいと存じます。 伊丹電機グループの未来にご期待下さい。

代表取締役社長中村祐一の写真

代表取締役社長
中村祐一

会社概要

Company


当社は平成17年に55周年を迎え、グループとして国内3社海外1社を持つ精密プラスチック製品の総合メーカーです。特に、平成16年8月より液晶テ レビ用キャビネットの生産の為の三重工場を操業開始致しました。
携帯電話・液晶テレビ用のキャビネット・家電・自動車関連部品に主力を置いてますがIT時代に適合した世界戦略の中で常にNO.1商品をめざし金型設計から成形・塗装・印刷・UV塗装及び組立加工迄一貫生産を行っています。
新材料による特殊成形・薄型成形更に接着塗装等技術を加え一流商品として顧客が喜ぶ「技術」と「信頼」を基に発展しています。

  • 社名
  • 伊丹電機工業株式会社
  • 設立
  • 昭和25年2月1日
  • 資本金
  • 5,000万円(全額払込)
  • 売上高
  • 50億円(2005年3月期)
  • 従業員数
  • 200名(本社、三重工場共)
  • 役員
  • 代表取締役社長 中村 祐一
    取締役副社長  海江田 省司
    取締役     藤原 泰造(総務・経理担当)
    非常勤取締役  藤原定信(広島伊丹電機 専務取締役)
    専務取締役   寺口 弘
  • 所在地
  • 本社
    兵庫県伊丹市南町2丁目1番3号
    TEL.072-775-3531(代) FAX.072-783-9260
  • 三重工場
    三重県津市芸濃町北神山工業団地1591-15
    TEL.059-265-6363 FAX.059-265-6120
  • 業務内容
  • 自動車及び産業資材関連の各種プラスチック部品の成形、塗装、印刷、組立全般および成形用金型の開発・設計、製造、販売
  • 取引先
  • 河西工業株式会社、積水テクノ成形、三菱樹脂株式会社、ダイアモールディング株式会社、イズミ工業株式会社、京都プラテック株式会社、広島伊丹電機株式会社

沿革

Outline


  • 昭和8年6月
    大阪市此花区において徳野製作所として創業。
    合成樹脂成形品及び、金型の製造販売をもって発足、以来鉄道車輛関係、航空機関係の電気絶縁物を専門に製造販売を行う。
  • 昭和20年10月
    伊丹市に工場移転。社名を伊丹電機工業所と改める。
  • 昭和25年2月
    業容拡大に伴い法人組織に変更し、社名を伊丹電機工業株式会社と改める。
  • 昭和31年2月
    設備拡張のため、現在地に移転。トランジスターラジオ、テープレコーダー、ステレオ、テレビ用キャビネット等のプラスチック成形品の成形から2次加工まで、一貫の生産体制に入る。
  • 昭和42年3月
    シャープ株式会社・音響システム事業本部が東広島市八本松町に進出するにおよび、同社のラジオ、テープレコーダーキャビネット等の需要に応ずるため、同社の要請を受けて東広島市西条町に広島伊丹電機株式会社を設立。
  • 昭和43年2月
    シャープ株式会社・テレビ事業本部がカラーテレビ生産増強のため、栃木県矢板市に進出するにおよび、同社のカラーテレビ用キャビネット等のプラスチック成形品需要に応ずるため、同社の要請を受けて栃木県宇都宮市平出工業団地内に関東伊丹電機株式会社を設立。
  • 昭和55年3月
    創立30周年。
  • 昭和56年6月
    シャープ株式会社・テレビ事業本部がマレーシアに進出するにおよび、 同社のテレビ用キャビネット、前面パネル等の需要に応ずるため、同社の要請を受けてマレーシアのジョホール州バトバハにあるスリガディン工業団地内にイタミ・プラスチック・コーポレーションを設立。
  • 平成2年3月
    創立40周年。
  • 平成6年3月
    シャープ株式会社・プリントシステム事業本部が、複写機生産のため中国に進出されるに伴い、その生産に対応するため中国江蘇省に伊丹樹脂製品(常熟)有限公司を設立。
  • 平成8年3月
    生産体制の拡充に伴い、自動塗装機を増設。
  • 平成10年6月
    製品の多様化、生産性拡充のため、自動塗装機を増設。
  • 平成11年10月
    プラスチック成形需要の拡大とそれに伴うニーズに対応するため新事業推進室を稼動。
  • 平成12年3月
    本社にUV塗装機を増設。創立50周年。
  • 平成14年6月
    中国、伊丹樹脂製品(常熟)有限公司内に携帯電話部品用の電動成形機・スピンドルUV自動塗装設備及び、金属真空蒸着設備の一貫工場を建設。
  • 平成15年4月
    太陽光発電システム、販売部門を関東伊丹電機株式会社に設立。
  • 平成15年6月
    三重伊丹電機株式会社設立。
  • 平成15年8月
    シャープ株式会社AVシステム(事)が液晶薄型テレビ生産増強のため三重県亀山市に進出するにおよび、同社の液晶テレビ用キャビネット等のプラスチック成形品需要に応ずるため弊社も三重県津市芸濃町北神山工業団地内に三重工場建設、操業開始。
  • 平成16年4月
    三田伊丹電機株式会社、伊丹電機テクノ株式会社に商号変更。
    本社仕上工場のスピンドルUV塗装ライン、一貫ラインとして生産開始。
  • 平成16年9月
    本社仕上工場にスピンドルUV塗装ライン増設。
  • 平成18年9月
    三重工場に3000T成形機導入
  • 平成27年10月
    三重工場に自動車部品用シフトスピンドル塗装ラインを新設

環境方針

Environment


地域社会の発展と地域環境の保全に貢献する為、下記の「基本理念」に基づき「環境方針」を定め、
全社を挙げて環境保全活動、環境問題の継続的改善に取り組みます。

  • 基本理念
  • わが社の企業活動において、あらゆる場面で全員参加による環境保全活動を継続的に実行する。
  • 環境方針
    1. 全員参加による取り組みの展開
      全従業員が環境問題の重要性を認識し、環境マネジメントシステムを構築し環境保全に貢献する。
    2. 環境関連法規などの遵守
      環境関連法規制、及び同意するその他の要求事項を遵守する。
    3. 資源、エネルギーの有効利用
      省エネルギー、省資源、自らの排出物、廃棄物の削減に継続的に努力する。
    4. 環境マネジメントシステムの確立と汚染の予防及び継続的改善
      環境マネジメントシステムを構築し、PDCAサイクルを継続的な環境保全活動並びに改善を図る
    5. 環境方針の周知と公開
      この環境方針は当社の全従業員に周知徹底すると共に、社外に公開する。
2016年 1月
伊丹電機工業株式会社 三重工場
取締役副社長 海江田省司